バランスを上手く取ることが成功の秘訣

バランス
物事はバランスで出来ている為、どっちかが一方的に重くなると、バランスが崩れて倒れてしまいます。

ですから、どちらかを伸ばそうとすれば、もう一方も同じだけ伸ばしていかなければいけません。

そうしないとバランスを取るために、伸ばした方が縮んでしまうか、バランスを崩して倒れてしまいます。




バランス1:自己実現と共感のバランス

人間の欲求は自己実現と共感の2種類しかありません。

自己実現とは自分中心で発生する欲求の事で、何かを得たい欲求(お金が欲しい、モテたい、ゴルフがうまくなりたい)、何かから逃れたい欲求(借金をなくしたい、痛みを取りたい、など)のこと。

共感とは、他人に対して貢献したいとか他人と一緒に何かを成し遂げたいと言う欲求のこと。

例えば、家族が幸せである事。地域の人たちが幸せである事。お客さんに価値を提供する事。チームメンバーと一緒に幸せになるという事。仲間と一緒に幸せを共有する事。

たとえば・・・・

・自分の利益だけ考えていても上手くいきません。いかに相手に利益を出させるかを考えながらやらなければ、自分も利益を出すことはできません。一時的に自分だけが利益を得たとしても、結局の所、相手に与えた利益とバランスを取る所まで戻ってくるか、全くのゼロになります。

・「あいつを負かしたい!」とゴルフが上手くなったとしても、同じくらいのスキルの仲間がいなければ、虚(むな)しいものです。自分も上手くなり、仲間も上手くなることで、両方のバランスが取れて、両方ともが上手く伸びていきます。

一時的にどちらかに偏るのは仕方ありません。むしろ、人間とはそういうものですし、意識的にそうなることもあります。

しかし、バランスを取らなければ最終的には上手くいきません。

一方を伸ばしたければ、もう片方の伸びが十分かを考えなければいけません。

一方に偏りすぎてるなと思うのなら、もう一方にも気を配らなければいけません。

人間は、自己実現と共感の間を、波のように揺れ動くものです。

バランス2:テクニックと本質のバランス

テクニックと本質も、バランスが重要です。

テクニックばかり学んでいても、本質を分かっていなければ効果を出すことは出来ません。

逆もまた然り。具体的なハウツーを知っている事は、実行力になります。それが不足していれば、パワーが出ません。

テクニック10でも、本質1なら、1のパワー
本質10でも、テクニック1なら、1のパワー
テクニック5で本質5なら、5のパワー

本質とは、時代、場所が変わっても使えるものです。

バランス3:お金を稼ぐ事とお金を有効に使う事

もし5000万円稼いで、5000万円使っていても、そのうち1000万円しか有効に使えていないのであれば、その人のお金のバランスは1000万円です。結局は収入も1000万円に戻ってきてしまいます。

大きなお金を稼ぎたいなら、稼いだお金の有効な使い方を知らなければなりません。「バランス4」の話にも繋がるのですが、自分の欲求の為だけにお金を有効に使うことはできません。

バランス4:自分の幸せと他人の幸せ

自分だけが幸せでも、他人を幸せに出来なければ、バランスが取れません。

他人を不幸にして自分が幸せになることは出来ませんし、自分が不幸なら他人を幸せにすることも出来ません。

バランスが取れているからこそ左右の長さをそれぞれ伸ばすことができるのです。

バランス5:インプットとアウトプット

情報をインプットする事と、それをアウトプットする事もバランスによって成り立っています。

情報を入れるばかりで勉強だけしていても、それを実行に移さなかったり、人に教えたりしてアウトプットしなければ意味がありません。

インプット10でアウトプット1なら、1のパワー

この状態でインプットばかりの人が多いのが、いわゆるセミナーオタク、勉強オタク、ノウハウコレクター。

そしてこれらの左右のバランスは、波のように揺れ動くと同時に、水の流れのようなもので循環しています。

インプットしたものをきちんとアウトプットする。自分の幸せを他人にも分かち合う。そういうことをして、循環させることにより、また新たなインプットが入ってきますし、新しい幸せを引き寄せることができます。

自分で独り占めしてやろうとか、自分だけがいい思いをしようとそこで流れを止めてしまうと、それ以上の発展(つまり左右の伸び)がなくなってしまいます。そして、水たまりの水のように乾いてしまうか、瓶の中の水のように腐ってしまいます。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。