円 紙幣
リスクオフ通貨とは投資家がリスク回避的になると買われ、リスクをとることに積極的になると売られる通貨を指します。

安全が重視されるときに買われるので「安全通貨」とも呼ばれ、円はその代表格とされてきました。

下のグラフでは、リスク回避的な空気が広がり日経平均株価が軟調になると円高になり、株価が堅調になると円安になる傾向が、昨年までは見て取れます。

日経平均株価と円相場

もちろん為替相場が株価に影響を与える逆の経路も存在します。

「円高→株安」「円安→株高」という力学も働いていたでしょうけど、ここで重要なのは、今年に入り株価が上下しているのに円相場はあまり反応しなくなっている点です(マルで囲んだ部分)。

なぜ両者の連動性が薄れたのでしょうか。

「円は“安全資産”ともいえなくなりつつある」のだとすれば、年明け以降の株安時に円があまり買われなかった理由がわかってきます。

当時円高が進まなかった分、今の株高局面で円が売り戻されないのも当然の成り行きです。

円の性格はなぜ変わったのでしょうか。

自国通貨がリスクオフ通貨になるためには3つの条件が必要であり、従来日本はこれらを満たしていました。

第1に対外純資産国であること。

金融危機時などには日本が対外資産を引き揚げるとの連想により円が買われやすくなりました。

第2に経常収支が黒字であること。

金融市場が不安定になると対外的な証券投資に伴う外貨買いが滞りがちになります。

しかし、経常収支を構成する貿易収支(輸出入)などをめぐる国際的なお金の流れは止まりにくい。

従ってマーケットが混乱しても日本のような経常黒字国には外貨が流入し続け、それを円に換えるための外貨売りも途絶えません。

外貨買いが減る一方、外貨売りは続きますから、円高になりやすかったわけです。

第3に低インフレ国であること。

需要不足によりモノの価値があまり上がらなかった日本では、通貨価値が下がりにくい状況でした。

他通貨と比べて円には構造的な増価圧力が加わりやすかったわけです。

ところが、最近の日本でこの状態に変化が起きつつあり、円がリスクオフ通貨としての性格を弱めています。

まず第2の条件(経常黒字)。

原発停止によるエネルギー輸入拡大や電機産業の競争力低下などを背景に貿易赤字が拡大し、経常黒字は大幅に縮小しています。

2013年度は前年度比8割も少ない7899億円。

比較できる1985年度以降で最低でした。

第3の条件(低インフレ)も当てはまらなくなってきました。

日銀の大胆な金融緩和政策などを受けて消費者物価上昇率(生鮮食品を除く)はプラスに転換し、消費増税の影響を除いても4月には1.5%となりました。

将来第1の条件(対外純資産国)に影響が出るシナリオも無視できません。

高齢化による貯蓄減少などを背景に、経常赤字への転落や対外純資産の減少が現実味をおびるかもしれないからです。

もし、円が「安全通貨」でなくなれば「株安→円高→株安」というスパイラルのリスクは小さくなりますが注意すべき点もあります。

株安が円売りと並行して進む「日本売り」が起きやすくなる面もあるからです。

人々が安全を重視するときに売られる「危険通貨」に円がなってしまうなら、やはり不安ですから上記3条件の激変は避けた方が良いでしょう。

社会保障改革による歳出削減や、税制改革、成長戦略推進による歳入拡大といった財政健全化努力は、経常黒字維持のために意味を持ちます。

デフレ脱却は必要だとしても高すぎるインフレ率は困りますので、適切な金融政策も求められます。