意外なメリット型キャッチコピー

「意外なメリット型」は、メインではないけれど、あると嬉しいメリットを表現したキャッチコピーです。

花に囲まれた家に、ドロボーは入りにくい。

これは、ガーデニング製品などを扱っている水生活製作所の雑誌広告コピーです。
女性に人気の趣味のひとつ、ガーデニングが「防犯にもなる」という意外なメリットを伝えています。
ボディコピーには「暗い道で花を育てたところ空き巣が4分の1以下に減った」という地域もあったそうです。
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

読み手にとってかなりお得な話をするキャッチコピー

2着目から半額のスーツ。
5本買うと1本もらえるジュース・・・
街を歩いているといろんな売り言葉が目に飛び込んできます。
その中でも思い出すものを並べてみると、独特の言い回しやユニークな言葉を使った広告はもちろん、メリットが明確なものも印象に残りやすいことに気が付きます。
読み手にとって大きなメリットがあれば、広告的な表現がなくても一瞬で心をつかんでしまうのです。

このように、過剰に表現を入れることなく、読み手にとってかなりお得な話を分かりやすく伝えるキャッチコピーが「すごいメリット型」です。

もしも、合格できなかったら授業料はいただきません。本当です。

埼玉県にある個別指導塾、合格工房のポスターには「授業料はいただきません」という衝撃的なメリットが書かれています。
さらに塾側からの語り口になっているため「失敗したらお金はもらわない」という教師たちの自信、プライド、熱意が、ひしひしと伝わる作りになっているのです。
シンプルでありながら、直接的なメリット(不合格なら授業料なし)と、塾の本気度を両方表現した印象強いキャッチコピーですね。
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

1位であることを主張するキャッチコピー

みんなの目を引く1等賞!

優勝、世界一、日本一、人気ナンバーワン・・・「1位」と言われるものに、人は目を引かれるもの。
たとえば本屋さんで、POPに「〇〇書店ランキング1位」などと書いてあると、つい手に取ってしまうことがあります。
「ナンバーワン型」は「1位」であることを主張し、それを軸に話を展開するキャッチコピーです。


10年連続日本一。それでもまだ、他人事だと思っていた。

こちらは「AICHI SAFETY ACTION」(サントリーほか50の協賛企業)のポスターです。

愛知県の交通事故削減を目的としたこのキャンペーン。
この広告が出た当時(2013年)、愛知県は交通事故死者数が10年連続でワースト1位を記録していました。
その事実を「10年連続日本一」という表現で冒頭に見せることで「なんの話だろう?」と続きを読みたくなる仕組みになっています。
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

具体的な数値を見せて納得させるキャッチコピー

データはときに、言葉よりモノを言う

たとえば企画をプレゼンするとき、漠然と「売上アップが見込めます」と言うより、「~すると顧客数が1日50人伸びることが予想されるので、15%の売上アップが見込めます」と言う方が、相手もイメージがしやすくなります。
「数字・データ型」は、具体的な数値を見せて読み手を納得させるキャッチコピーです。


世界の食料の約1/3は、ただ捨てられるために作られている。

こちらは凸版印刷の新聞広告です。
世界では年間約13億トンもの食料が捨てられているそうですが、数字が大きすぎてどれくらいなのか想像ができません。
それを「世界の食料の約1/3」というデータで、誰でも具体的にイメージが沸くようにしています。
そして、印刷事業で培ったフィルムのテクノロジーが、食料のパッケージに役立つことで長期保管を実現し、セーブ・フードにつながる、と続けているのです。

「約1/3も捨てられていたなんて」という驚きもあるので「驚きの事実型キャッチコピー」でもありますね。
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

ぶっちゃけるキャッチコピーで応援される

「ぶっちゃけ型」は、お店や商品のネガティブな情報を包み隠さずオープンにするキャッチコピーです。
内情を明かされると応援したくなります。
大変そうな人を見ると助けたくなる・・・そんな気持ちに近いかもしれません。
「正直型」より更にぶっちゃけていたり、泥臭かったり・・・
「そこまで言っちゃうの?」と笑ってしまうような広告も入ります。


売り上げより年金の方が多いわ

生田綿店のポスターでは、店主が売上状況を告白しています。
普通なら隠したくなるような生活の話を、モノクロのポートレート写真で自虐的に語る・・・
そのシュールさがユーモアとなり、読み手とお店の距離を近づけているのです。

ほかにも、
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする