乳がんで闘病中だったフリーアナウンサー、小林麻央(こばやし・まお、本名・堀越麻央=ほりこし・まお)さんが6月22日、34歳でお亡くなりになりました。

麻央さんは2014年10月に夫で歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(39歳)と受診した人間ドックで乳がんが発覚。2016年6月に海老蔵さんが「つらい、とひたすら吐露する日もある中で未来を見据えて、頑張って生きる、必ず治るように努力する、という心の強さがある。日々、学ばされています」と進行性の乳がんであることを公表していました。

2017年5月に東京都内で麻央さんの近況について語った海老蔵さんは、目を赤くしながら自ら作った特製スープを入院先に届けるなど、歌舞伎役者として多忙な日々を送る中、懸命な看病を続けてきました。

「絶対に治らないレベルの病気だった。早かったら(昨年の)3、4、5月で多分、ダメだった。夏は絶対無理だと思った。この時点(昨年10月)ですごいことが起こっている」

2016年10月に取材を受け、2017年1月9日に放送された日本テレビ系特番「市川海老蔵に、ござりまする。」で海老蔵は、麻央さんの生命力に脱帽していました。

2016年6月、麻央さんの病状が一部で報じられると、海老蔵さんは都内で緊急会見を開きました。報道陣200人の前にスーツ姿で登場し「進行性がん…単刀直入に言うと乳がんです。1年8カ月ほど前にわかりました」と妻を襲った病を公表しました。公にした理由をブログで「出来る限り子供達の生活を日常化する為」と説明しました。

がん発見のきっかけは2014年10月、夫婦で受診した人間ドックでした。当時、公演中だった海老蔵さんは東京・日本橋のホテルで麻央さんから病気を告げられ、「途方に暮れた。時が過ぎるのも忘れるような経験をした」と絶望。「麻央はしっかりしていたが、私よりもショックは大きかったと思う」と明かしました。

「私自身も(病状を)公にするのかしないのか、麻央と一緒に悩みました」と涙でぬれた目をこする場面もありました。

長女の麗禾(れいか)ちゃん(5歳)、長男の勸玄(かんげん)くん(4歳)の母としての麻央さんの気持ちを思いやり、「(入院中は)小さい子供のそばにいられない…。誰よりも本人がつらいと思う」と代弁しました。

「いつか、大変だったけど、家族にとってはいい経験になった時間だったねと会話ができることを夢見て」

2016年7月には家族との時間を大切にしたいとの気持ちから、長期休暇を取得。11月に福岡、12月には京都でそれぞれ約1カ月、歌舞伎の公演に出演した際は麻央さんと連絡を取り合いました。

大みそかには麻央さんとそば屋へデートへ出掛け、「久しぶりの外食、それも蕎麦屋、私もなんか涙出て、2人でありがとうと、涙」と綴りました。続けて「そして久しぶりに酒、のむ」と夫婦2人の時間を楽しみました。あの幸せな瞬間はもう、戻ってきません。

悲しみの声が次々に・・・ご冥福をお祈りします。


「小林麻央さんの訃報に悲しみの声が続々と・・・」の続きを読む »

トレンドニュース

  1. 発ガンのリスクが高まる
  2. 体重が増えやすくなる
  3. 体内で炎症が起こりやすくなる
  4. 鬱(うつ)になりやすい
  5. 感情のコントロールが難しくなる
  6. 他人の感情を読み取りにくくなる
  7. 免疫力が弱まる
  8. 糖尿病にかかる危険性が高まる
  9. 肌の老化を早める
  10. 脳機能の低下や、脳卒中の危険性を高める
  11. 寿命を縮める
  12. ワクチンが効きにくくなる
  13. 心臓病になりやすい
  14. だまされやすくなる
  15. 高血圧を引き起こす
  16. 不整脈を引き起こす
  17. 脳卒中が起こりやすくなる
  18. 貧弱になる
  19. 骨を破壊する
  20. 慢性病を悪化させる
  21. ストレス対応能力が低下する
  22. 緊張を強いられる環境(緊急事態)では対応能力がより低下する
  23. 創造力が失われる
  24. 交通事故で死亡するリスクを高める
  25. 記憶を喪失させる

「睡眠不足がもたらす25の恐ろしい影響」の続きを読む »

健康管理

昔から柳の木の皮には鎮痛解熱作用があることが知られており、古来よりそのまま煎じて服用されてきた。そして長い間の経験則から、その効果と安全性は間違いがないものと見なされてきた。

これを近代に入って医学的に検証した結果、柳の木の皮に含まれるサリチル酸という成分が鎮痛解熱効果をもつことが判明し、この成果をもとにサリチル酸を用いた鎮痛解熱剤が作られるようになる。

しかしこの薬、副作用が強くてなかなか使いにくい。

柳の木の皮を煎じていた時には副作用はなかったのに、有効成分を取り出して薬にしたら副作用が出るようになったのである。

結局その後、副作用の少ないアセチルサリチル酸を化学的に合成して現在のアスピリンなどの薬が作られるに到ったわけだ。しかし、そのアスピリンですら副作用の危険性が指摘されているのはよく知られているところだ。

恐らく柳の木の皮には、まだ科学的に解明されていない副作用を和らげるような成分が含まれているのだろう。もしかするとサリチル酸と一緒に摂取することで何らかの働きをする成分があるのかもしれない。

しかし、その成分やメカニズムはまだ解明されていないので、柳の木の皮は医学的エビデンスがある医薬品としては認められていない。

代替療法全否定派は、柳の木の皮の鎮痛解熱効果を主張する人間に向かって「そんなに柳の木の皮に効果があるなら医学的エビデンスが揃って医薬品の認定を受けているはずだ。それがないということはインチキだ。詐欺だ」と糾弾しているのと同じことなのだ。

医学的エビデンスと一口に言うが、それを証明するためには、莫大な資金と手間が必要になる。現在、1品目あたりの新薬開発の費用は200億円以上だという。

柳の木の皮を医薬品として使えるように臨床試験を実施して医学的エビデンスを揃える製薬会社がなぜないのか。答えは単純明快。儲からないからだ。

200億円の投資をして「柳の木の皮が痛みや熱に効きますよ」と証明したら、多くの人々はアスピリンを買わずに街路にある柳の木の皮をタダで削ってきて煎じて飲むだろう。

そんな馬鹿な研究をする医薬品メーカーなどないのである。

そしてもう一つ重要なことは、「挙証責任は告発する側にある」という点である。

よく、代替療法を「インチキだ」と指摘している人間が、「インチキだと主張するなら、その根拠を示せ」と問われ、「なぜ私が根拠を示す必要があるのか。この療法に効果があると主張する側が、医学的エビデンスを示すべきだ」と言い返すパターンを見かける。

それは、200億円かけて臨床データを集めて厚生労働省の認可をとってこい、と要求しているに等しい。

近代法が挙証責任を告発者側に要求するのは、その方が遥かに容易で合理的だからである。

「インチキだ」ということを立証するのは、比較的簡単な検証で済む。

代替療法の検証においては、同じ療法を施した調査対象群と、施さなかった対象群の間で、症状の改善に統計的な有意差が見られるかどうかを測定すれば良いのである。

そこで有意差がない、と判定されて始めて、その療法は「インチキだ」もしくは「有効性がない」と指摘して良いことになる。

それだけの手続きと準備を経ずに、単に医学的エビデンスがないという事実だけを錦の御旗に「インチキ」とまで言い切るのは、すでにプロパガンダであり、決してがん患者のためになる発言ではないのである。
「代替療法全否定派は医学的エビデンスと一口に言うが・・・」の続きを読む »

健康管理

私は手書きのスケジュール帳を使っています。
その日にやるべきことを、ひとつひとつ箇条書きでメモしておくのです。
そのスケジュール帳を買いに行ったとき、文具店の店員さんが「終わった仕事に線を引く達成感が気持ちいいですよね」と言っていて「そうそう!」と2人で盛り上がったことがありました。

「うれしい気持ち型」は、まさに このような共感をキャッチコピーにしたものです。
商品を使ったとき、買ったときの喜びなどを、お客様目線から表現します。

「旅行どうだった?」と聞いてほしくて、おみやげを買った。

地元のお酒が酒好きに認められると、自分が認められた気がする。

上の2つは、石川県金沢市にある百貨店、めいてつ・エムザ。その1階にある黒門小路のシリーズポスターのコピーです。

ここでは石川の銘菓、食品、工芸品などを販売していて、キャッチコピーでは商品を買った人の嬉しい気持ちや期待感を描いています。

お客様が商品を買う決め手は「値段」や「品質」だけではありません。
それを持ったときの気持ちや、使っているシーンを想像して判断するなど、心理的な部分も大きいのです(おみやげなら なおさらですね)。
「うれしい気持ち型キャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

Vital Force(ヴァイタルフォース)、直訳すれば vital=生命の、Force=効力。もう少し分かりやすく説明すると、生命が本来持っている力「生命エネルギー」ということでしょうか。

自然治癒力やレジリエンス(resilience:抵抗力)、ホメオスタシス(homeostasis:生体恒常性)をも含む考え方です。

自然治癒力は、心身全体が生まれながらにして持っていて、手術をしたり、人工的な薬物を投与したりしなくてもケガや病気を治す力や機能。

レジリエンス(抵抗力)は、元々はストレスとともに物理学の用語です。ストレスは「外力による歪み」を意味し、レジリエンスはそれに対して「外力による歪みを跳ね返す力」として使われ始めました。

心理学的な意味においては「回復力・弾力性」などと訳されることが多く、何らかのストレスを受けたとしても心理的な健康状態を維持する力、あるいは一時的に不適応状態に陥ったとしても、それを乗り越え健康な状態へ回復していく力です。

ホメオスタシス(生体恒常性)は、自らの体を環境に適応させ、安定させるために自然に備わった機能。例えば、体内の体温、血中酸素濃度、血圧、水分などが一定に保たれているのもホメオスタシスのお陰。人間の細胞数を一定の数に保とうとするシステムもホメオスタシスです。

いかがですか?
これらの素晴らしい力を人間は、生まれながらに備えているのです。
「Vital Force(ヴァイタルフォース)」の続きを読む »

健康管理