1万時間

「出来ることを、さらに伸ばして、また出来ることを数多く」
子供の頃から、そう鍛えられてきました。
出来る、出来ないは、パズルでいうところの凸(でこ)と凹(ぼこ)に例えることができます。

得意なことは凸、苦手なことは凹。
実は多くのことや、大きなことを叶える人は、この凹をたくさん持っている人なのです。
凹は人の凸を活かす才能。凸も凹と出会って初めて力を発揮します。

人生は短所を改良しているほど長くはありません。
自分の長所をさらに進展させ、苦手なことは、そのことを得意にする人に任せればいいのです。
「自分の苦手なことは誰かの得意なことを活かす才能」の続きを読む »

ライフスタイル

信頼関係

大きな魚を水槽に入れると、急にその他の魚が大きくなります。
大きな魚のエサとなってしまわないように、心を突き動かされ大きくなります。
魚にとって大きくなることは努力なのでしょうか?
それは努力というより、自己防衛本能です。

本能は努力を瞬時に凌駕(りょうが)します。それは人間も同じ。
自分をどんな環境に置くか?それを意図的にやることで、人生は大きく変化します。
「自分は〇〇さんより下で、〇〇さんより上・・・この辺が私の立ち位置だ」と無意識が勝手に働きます。

この住み慣れた、居心地がいい環境を抜け出して、新しい環境に自分の身を置いてみましょう。
これは面白い実験です。ドキドキする環境に飛び込むのです。
素晴らしい人たちに囲まれ、緊張し、居心地の悪い環境に飛び込むと、顕著に結果が出始めます。
「出会う人で人生は変わる」の続きを読む »

ライフスタイル

BREXIT

英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り、今後2年をかけて離脱することが決まりました。EU加盟国という理由で日本の支社もEUの中で1カ所選ぶとすればロンドン、ということだったので、多くの日本企業は英国から撤退するでしょう。他国の企業も同様にEU諸国との関係は弱まり、移動の自由もなく、関税もかかる英国は敬遠されるはずです。

社会が混乱する中で経済は発展できません。今後、国内は二分され続けるでしょう。社会の分断、それが最も経済を壊します。しかも、離脱しないと高をくくっていたのはエリートの金持ち達であり、投資家たちです。そして、キャメロン首相はパナマ文書にも名前が挙がっていたこともあり、その象徴です。

エリート社会と低所得者社会が元々分断しているところに、この投票結果は経済の崩壊を決定付けました。ロンドンは荒れ、投資も人々も出て行くことになるでしょう。欧州経済も大きなダメージを受けます。
「英国EU離脱で英国と欧州が衰退。日本企業の業績も下振れ」の続きを読む »

世界経済

時代の流れ

今、すごい勢いで世の中が変化しています。
人がクルマを運転する最後の時代であり、ロボットとの共存が始まりました。
テレビ電話がほぼ無料となり、飛行機の値段も信じられない価格となってきています。

個人が発信源となり、大きな力を発揮しています。
シャワーのように膨大な情報量に溺れている毎日。
宇宙も手が届きそうな存在になってきました。
あれもこれもが大変化の始まりです。

その変化についていこうと思うなら、強力な好奇心と、柔軟な対応力が求められます。
安価で人と連絡が取れたり、移動できたり、宿泊できたり、出会うことができたりと、ある意味、あなたの思いひとつで仕事だって、大きな企画だってできてしまう時代なのです。

だからこそ、好奇心や知らないものを知ろうとする爆発的な力が、あなたに求められます。
「これ知っていますか?」と聞かれたときに、「なに?なに?」と知ろうと飛びつく力。
「その言葉なに?初めて聞くんだけど」と新しい言葉に対する好奇心も重要です。
「時代の流れに乗るには強力な好奇心と柔軟な対応力が必要」の続きを読む »

ライフスタイル

情熱

最小単位は素粒子?それとも波動?
量子力学の最先端の研究が、かつて話題になっていました。
観察者の意図が加わり、観察者が波動と思えば波動だと認識され、素粒子だと思えば素粒子だと認識されます。
要は観察者が意図することが結果となります。

ならば、あなたの人生の観察者は誰?

自分自身の人生、自分の意図にアレンジを加えることが大切だと考えます。
想像の限界が可能性の限界とするならば、想像の絵柄に制限を加えない自分でありたいと思います。
「「人に言えない夢」の近くに情熱の源泉が眠っている」の続きを読む »

ライフスタイル