あるモノを別のモノに例えるキャッチコピー

なつかしい気持ちになれるポケットの中の「タイムマシーン」

(セイカ食品 ボンタンアメ ポスター)

たとえば、歯みがき粉を食品だと考えてみる。

(シャボン玉石けん せっけんハミガキ  新聞)

空調は、肌にとっては、乾燥機かも。

(大塚製薬 ウル・オス 雑誌)

年賀状は、贈り物だと思う。

(郵便事業 新聞)
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

あるモノを人に例えるキャッチコピー

浣腸好きな団地妻ですけど、何か?

トイレから出れなくて、宅配便の人に帰られた。

金魚のフンを見て、負けたと思った。

大空の上で機内食。次の国でも、きっと出ない。

せめて、ウンチぐらん景気よく出したい。

トイレで打つメールが、いつも、ロングメール。

(ムネ製薬 コトブキ浣腸ひとおし 雑誌広告)

昼から飲もうと夏が言う。

(サントリー オールフリー ポスター)

コウノトリからママへ。しばらくお酒は飲まないで。

(サントリー 新聞広告)

心臓からのお願い。お酒は入浴後に。

(サントリー 新聞広告)

おすしの寿命は350m。

レーンを350m以上移動した皿は、自動的に逃がされる仕組みになっているそうです。
(スシロー ポスター)

鉛筆の身長を、新一年生にあわせました。

通常より15mm短く、角も丸い鉛筆など、学童用ブランドの広告です。
(トンボ鉛筆 新聞広告)

18時16分 小さな改札をくぐった。大きな夕日が迎えてくれた。

(JRグループ 青春18きっぷ ポスター)

おかえり、三鉄。

「線路はつながった。さあ、復興につなげよう。」と続きます。
(岩手県三陸鉄道強化促進協議会 新聞)
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

コピー × 写真型キャッチコピー

木は熟した。

(JA江刺 江刺りんご 紅ロマン ポスター)

青に、何と何を足せば、この湖になるんだろう。

(ニュージーランド航空 ポスター)

それは、ルーヴルが誇るもうひとつの作品

広場の写真とともに、「2012年5月 ルーヴル美術館ナポレオン広場、東芝のLED全面点灯。」と続きます。
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

「言い過ぎ感」のある表現のキャッチコピー

海藻かと思ったら、体毛だった。

(フィリップス ボディーグルーマー ポスター)

あくまで念のためだが、パンツの替えを持っていく。
(富士急ハイランド 絶叫系アトラクション ポスター)

あれを耐えたら俺らに、もう怖いものなどない。
(富士急ハイランド 絶叫系アトラクション ポスター)

私が、握手会を開くような、有名人じゃなくてよかった。
(池田模範堂 ひび・あかぎれ治療薬 ヒビケア)

必殺技が、かかと落としじゃなくてよかった。
(池田模範堂 ひび・あかぎれ治療薬 ヒビケア)

小悪魔テクニックを習得しすぎて、悪魔になりそうだ。
(リクルート 恋活・婚活サービス ツインキュ)

人類史上、いちばん続く争いは「言った言わない論争」だ。
(山善 ボイスレコーダー ポスター)

寝苦しい夜が嫌なら、避暑地へ引っ越すか。エアウィーヴを買うか。
(エアウィーヴ マットレスパッド WEB)
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

定型文をベースにしたユーモアのあるキャッチコピー

円高パソ安

(日本エイサー 新聞)

ごめんですんだら警察いらんわ!!

(大阪府警察本部 大阪府警察官募集 ポスター)

ひらくワキにご注意ください。
混雑時、急接近する場合がございます。
ニオイの元から集中予防!


(ライオン Ban ポスター)
続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする